特集

個性が強いヘッドボードのベッド3選

さて早速ではありますが、今回は「個性が強いヘッドボードを持つベッド」を3台ご紹介します。
 
ヘッドボードとはベッドの枕元に小物などを置くための飾り棚を指します。
 
宮棚と呼ぶこともありますね。
 
コンセントや照明が付いているもの、沢山の小物が載せられるものなど、就寝前のひと時を快適に過ごすのに役立ちます。
 
そんなヘッドボードですが、中にはかなり癖が強いものが存在しています。
 
ヘッドボードのデザインや機能に注目したい方にお薦めの内容です。

ENNER(エナー)

個性的な見た目のベッドボードに欲しい機能を詰め込んだ、ライフスタイルにフィットするロータイプベッドです。

このベッドは枕元に、棚、小物入れ、コンセントが付いているので、ベッド周りをすっきり整頓できます。
また、寝室を幻想的に照らすモダンライトを左右に。暗闇で手元を少し明るくしたい時にも便利です。

マットレスの下は通気性の良い「すのこ構造」になっているためカビの発生を抑制し、一年中快適にお過ごしいただけます。

illume(イリューム)

奥行きのある広めのヘッドボードに大きめのモダンライトがついたローベッドです。

ヘッドボードは奥行き15cmと広く、文庫本やBOXティッシュなど様々な小物を置くことができます。
また国産のベッドらしく安全性にも考慮されていて、フレームは柔らかなウレタンと合皮で保護されいる他、低ホルムアルデヒド部材使用でアレルギーにお悩みの方も安心です。

高さを抑えたデザインはお部屋に解放感を、枕元を照らすモダンライトは癒しの空間を演出します。

FLOS(フロース)

このベッドは高級感あるフレームに、柔らかな灯りが特徴のローベッドです。

奥行きが10.5cm、タブレットも立て掛けられるヘッドボードにはコンセントが二口あり、便利に使うことができます。
マットレスの下は高さ3cmのすのこ仕様。通気性が良いので梅雨の時期も快適に使うことができます。

また、抗菌、防臭、有害物質を減少させる触媒を化粧板に施している、人と環境に配慮したベッドです。

紹介アイテム

特集一覧