豆知識

親子で寝たい!ファミリーベッドのサイズを解説

ご結婚をされたタイミングで、お子様が生まれたタイミングで、一度は悩むのが「どのようにして寝るか?」だと思います。

「子供と一緒に寝たいのだけど、どんなサイズのベッドが良いのか?」

「子供が成長したら、また別にベッドを購入するのか?」

など、将来を想像して悩まれる方も多いのではないでしょうか?

そこで選択肢として考えたいのが『ファミリーベッド』です。

ファミリーベッドは、通常サイズのベッドを2台以上つなげて大きくしたベッドです。

シングルサイズを2台つなげたり、ダブルサイズとつなげたり、そのバリエーションは様々です。

ここでは、その組合せの具体例をいくつかご紹介したいと思います。

また、寝具の一般的なサイズについては以下の記事で解説をしておりますので、そちらを参考にしてください。

シングルベッドは何畳?ベッドのサイズを解説

例1.ご夫婦二人の場合

シングル×シングル シングルサイズを2台繋げることで、横幅が約200cmのワイドキングサイズになります。 一般的に二人用とされているダブルサイズと比べると約60cmも広くなりますので、ご夫婦でゆったりと寝ることができます。 また、ダブルサイズのマットレス1枚と違いシングルサイズ2枚なので、寝返りをうった際の振動が隣に伝わりにくいという利点もあります。

例2.将来、お子様用のベッドを別に用意する場合

セミダブル×セミダブル セミダブルサイズ2台を繋げることで横幅が約240cmになります。 これだけの広さがあればお子様と3人、川の字になって寝ても狭くありません。 また、お子様が大きくなって別な部屋で寝るようになったら、分割してセミダブルサイズのベッドとして使うこともできます。

例3.将来ご夫婦とお子様でベッドを分ける場合

ダブル×シングル ダブルサイズとシングルサイズを繋げることで横幅が約240cmになります。 上の例2と同じサイズなので、お子様と3人で寝るのに十分な広さです。 また、お子様が大きくなった際にシングル側をお子様用に、ダブル側をご夫婦用に分割することができます。

ファミリーベッドご紹介

「ファミリーベッド」と一口に言っても、そのタイプには様々なものがあります。

ここでは参考までに全く違うタイプのファミリーベッドを3種ご紹介します。

LED照明付きローベッド

このベッドは寝室を幻想的に照らす、LED照明付きのファミリーローベッドです。

高さが抑えられたロースタイル構造は小さなお子様にも危なくない高さで、安心してお使いいただけます。

また、枕元にLEDライトが付いているので、夜中にお子様が急に起きた際にも安心です。
マットレスの下は通気性の良い「すのこ構造」になっているためカビの発生を抑制し、一年中快適にお過ごしいただけます。

跳ね上げ式収納ベッド

ガス圧シリンダーを使った跳ね上げ式収納ベッドです。

ガス圧シリンダーは自動車のハッチバックにも使われている部品で、重たい床板も軽く持ち上げることができます。

ベッド下の収納スペースはダブルサイズで最大約674リットル。2台連結したら1348リットルにもなります!

また収納内部には仕切り板がないため大きな物でも楽に収納できます。

創業50年の老舗の家具職人が手がける「日本品質」のベッドで耐荷重は圧巻の500kg、細部まで行き届いた丁寧な造りで、長く愛用することができます。

大容量収納付き畳ベッド

畳の下に大容量の収納を備えたベッドです。

畳には弾力性、調湿性、断熱保温、リラックス効果などがあるため、寝具と非常に相性が良い素材と言えます。

また、畳下の収納スペースには引出しや仕切り板がないので、大きな物も収納できます。
布団を畳の下に収納すれば、昼は和の小上がりとして、夜は寝床として使えます。

まとめ

ファミリーベッドは、通常サイズのベッドを連結して作ります。

ちなみに、シングルサイズは横幅約100cm、セミダブルサイズは約120cm、ダブルサイズは約140cmです。

上の例はあくまでも一例で、組合せパターンはまだたくさんあります。

それらをどのようにして組み合わせるか、上の例を参考にご家族と相談されるとよいでしょう。

紹介アイテム

特集一覧