特集

職人のこだわり国産ベッド3選

毎日猛暑で外に出るのも大変な日が続いておりますが、折角のお休みに体調崩してませんか?
 
私は昼は冷房の効いた施設へ涼みに、夜は自室でクーラーをつけるといった軟弱な生活を送ってしまってますが「我慢は良くないはず」と自分に言い訳をしています(笑)
 
さて、今週は老舗の職人が作る国産ベッドの特集です。
 
ベッドは海外の工場で作られるもの、国内の工場で作られるものの二通りありますが、海外で作られたから品質が劣るというつもりはありません。
 
ただ、国内生産だからこその細部へのこだわりであったりとか、特筆すべき利点に注目するのは面白いかなと思っています。
 
「畳ベッド」「ローベッド」「収納ベッド」からそれぞれ1点ずつ厳選しました。

大容量収納の畳ベッド

日本と言ったら畳!ということで、まずは畳を使った大容量収納ベッドです。

日本人に古くから親しまれている「畳」には弾力性、調湿性、断熱保温、リラックス効果などがあるため、寝具と非常に相性が良い素材と言えます。
このベッドには畳の下に大容量の収納スペースが付いていて、布団くらいならすっぽりと収納することができてしまいます。

布団を畳の下に収納すれば、昼は和の小上がりとして、夜は寝床として使えます。

布団で寝ることに慣れてしまっているけど、ベッドのように少し高い位置で寝たいという方におすすめです。

ひのきが薫るすのこローベッド

国産の天然ひのきを使った、すのこ仕様のローベッドです。

高級建材であるヒノキの香りには防虫、抗菌、リラックス効果があり、木材特有の調湿効果で一年中快適のお使いいただけます。

さらに床板が通気性の良いすのこ仕様になっているので、カビやダニの発生をさらに抑える効果が期待できます。
このベッドは2台連結して使うことができるので、ご家族の成長に合わせてベッドを分割するなど将来を見据えて長く使うことができます。

5杯引出しの大容量収納ベッド

このベッドは引出しが5杯付いた、ヘッドボード付き収納ベッドです。

大小5杯の引出しの他、長物が入るスペースもあり、収納力は十分です。
またヘッドボードの背面は綺麗な化粧板加工。ヘッドボードを間仕切りのように使っても部屋の景観を損ねません。

このベッドは創業50年の老舗の家具職人が手がける「日本品質」のベッドで、耐荷重500kgの頑丈さと、細部まで行き届いた丁寧な造りで、長く愛用することができます。

紹介アイテム

特集一覧