特集

今注目のタイプ別ローベッド3選

さて、早速ですが今週はローベッドを3種ご紹介します。
 
ローベッドとはそのまま「低いベッド」という意味なのですが、ローベッドを選ぶと天井までの空間が広くなるため解放的な寝室にすることができます。
 
またベッドから落ちても怪我をしない高さなので、小さなお子様がいるご家族にも安心してご利用いただけます。
 
今回はお気に入りのベッドを3種紹介するだけではつまらないので、それぞれ全く違ったタイプのベッドを選んでいます。
 

タイプ1:家族で気持ちよく使えるベッド

一つ目は、家族で気持ちよく使えるローベッドです。

このベッドは床板がすのこ仕様になっているため、ベッド下にこもりがちな湿気を逃がしてくれます。

ベッド下の通気性を良くすることでカビやダニの発生を抑え、1年通して快適にご利用いただけます。
またベッド2台連結して使うことができるので、ご家族の成長に合わせてベッドを分割するなど将来を見据えて長く使うことができます。

タイプ2:いっぱい物を置きたい人向けのベッド

二つ目は、枕元にいっぱい物を置きたい人向けのローベッドです。

ヘッドボードの奥行きは約17㎝で天板が上下2段になっています。
本や趣味の小物、眼鏡、ボックスティッシュ、スマートフォンなど、いっぱい物を置いて枕元を便利にしたい人におすすめです。

タイプ3:和風に寄せたベッド

三つ目は、和風に寄せた畳敷きのローベッドです。

いわゆる「畳ベッド」というものですが、日本人に古くから親しまれている「畳」には弾力性、調湿性、断熱保温、リラックス効果などがあるため、寝具と非常に相性が良い素材とされています。
またこのベッドは高級建材であるヒノキを使っているので、ヒノキの香りによる防虫、抗菌、リラックス効果、木材特有の調湿効果で一年中快適にお使いいただけます。

紹介アイテム

特集一覧