特集

お部屋スッキリ!棚なしベッド3選

さて本日は「ヘッドレスベッド」を3種類ご紹介します。
 
ベッドの枕元にある「棚」のことを「ヘッドボード」や「宮棚」と呼んだりするのですが、その「棚」が無いタイプのベッドのことをここでは「ヘッドレスベッド」と呼ぶことにします。
 
ヘッドボードがあると小物を置けたりスマホの充電ができたりと便利ではありますが、逆にヘッドレスベッドにも選ばれるだけの理由があります。
 
理由1:デザインがスッキリしている
理由2:頭の向きがないから自由に設置できる
理由3:枕元に物を置く習慣がない
 
一般的なヘッドボードのサイズは奥行き(幅)は10~15㎝ほどあるので、それだけお部屋のスペースをとりますし、ヘッドボードの高さぶんだけベッドの存在感が増します。
 
なので、ヘッドボードが無いとそれだけお部屋がスッキリとした印象になります。
 
また、ヘッドボードが無いということはどちらを頭にしても良いはずなので、頭の向きを気にしてベッドを設置しなくても良くなります。
 
そもそも「枕元に物を置かなくても大丈夫!」という方はヘッドボードを付けるメリットが無いですし、価格も少し安くなるのでヘッドレスベッドがオススメです。
 
今回は当店でお買い物されたお客様が実際に選ばれたヘッドレスベッドを「収納ベッド」「ローベッド」「畳ベッド」の3タイプからそれぞれご紹介します。

5杯引出し付きすのこベッド

このベッドは引き出しが5杯付いた、すのこ仕様の収納ベッドです。

マットレス下のすのこは就寝中の湿気を逃がしてくれるので、カビの発生を抑え一年中快適にご利用いただけます。

また、収納力も十分で、大小5杯の引出しの他、長物が入るスペースもあります。

このベッドは創業50年の老舗の家具職人が手がける「日本品質」のベッドで、耐荷重180kgの頑丈さと、細部まで行き届いた丁寧な造りで、長く愛用することができます。

ヘッドレスローベッド

このベッドはヘッドボードを省いたシンプルデザインのローベッドです。

家具への目線を低く抑えられるので天井までが広くなり、解放感のある寝室になります。

また、ヘッドボードが無いので頭の向きを気にせず自由に設置できるのも利点です。
フレームの表面は傷や汚れに強いメラミン樹脂加工がされており、お手入れが簡単、長く綺麗に使うことができます。

大容量収納付き畳ベッド

畳の下に大容量の収納を備えたベッドです。

畳には弾力性、調湿性、断熱保温、リラックス効果などがあるため、寝具と非常に相性が良い素材と言えます。

天然い草の畳の他に、樹脂製の高機能畳「美草」も選べます。

また、畳下の収納スペースには引出しや仕切り板がないので、大きな物も収納できます。
布団を畳の下に収納すれば、昼は和の小上がりとして、夜は寝床として使えます。

特集一覧